Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

Chromebook

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

QualcommのSnapdragomといえば、
現在のスマホのCPUはほとんどこれと言っても過言でないほど、
メジャーなCPUです。

ARMをベースとしたCPUと
付帯回路を一つのチップにしたもので、
高速なのに効率がよく、
バッテリーに負担をかけないのが特徴です。

なので、スマホでとても重宝がられているわけです。

Googleは、このチップを使った
Chromebookを計画中のようです。



ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

GoogleがSnapdragonを採用したChromebookのため、Qualcommと協業中ならしいです

8cx_top
 
こちらのニュースです。

Google is working with Qualcomm on the 'Trogdor,' a Snapdragon-powered Chromebook platform


QualcommのSnapdragonを採用したChromebookの開発は、
昨年から確認されていて、”Cheza"というコードネームで、
Snapdragon845をCPUに採用したものをHPが開発中です。

また、ARMをCPUとしたChromebookは、
すでに数多く存在しいていますが、
チップセットを一つにまとめた
Snapdragonは高性能で高効率で
その登場が期待されています。

記事によると、
Snapdragonを採用したChromebookの開発のため、
Qualcommと協業中とのことですが、
現時点では"Cheza"同様、
Snapdragon845が採用予定ならしいです。

なお、この新しいChromebookは
"Trogdor"というコードネームが割り当てられています。

今後の状況次第では、
Snapdragon855やもっと高性能のチップに
変更される可能性もあるとのことです。

今後のニュースにも注目したいですね。



今日はここまでです。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。





よろしくお願いします↓




スポンサードリンク

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

最近、特に国内では面白いニュースのないChromebook。

そんな中、デルから新しいChromebookの登場です。

ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

デル、教育機関向けChromebookを3機種投入

l_yk30028_01_3100

こちらのニュースです。


デルは、4月1日、教育機関向けに、
「Chromebook 3100」「Chromebook 3400」「Chromebook 3100 2-in-1」

の3つのChromebookを発表しました。

Chromebook3100とChromebook3100 2-in-1は
ディスプレイサイズが11インチ、
Chromebook3400は14インチです。

特徴は長時間のバッテリー駆動で
Chromebook3100が14時間、
Chromebook3400が12時間、
Chromebook3100 2-in-1が13時間
とのこと。

価格は、
Chromebook3100が4万7980円から、
Chromebook3400が5万2980円から、
Chromebook3100 2-in-1が5万9980円から
とChromebookとしてはすこしお高め。

なんか、最近のChromebookの新機種は
高性能で、「お!」と思うものの、
お値段がそれなりで、
「だったら、Windows買う人多いだろうなぁ」
と残念な思いになることが多いです。

なんで、ふーちゃんも、
結局は1年落ちのAcer Chromebook 14を
(懲りもせず)Amazon.comから買いました。
この話は、また別記事で書きますね。


今日はここまでです。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。





よろしくお願いします↓




スポンサードリンク

↑このページのトップヘ