Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

ChromeOS

ニュース:Chromebookのセキュリティを高める「USBGuard」機能を導入

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

Googleおよびイリノイ・ミシガン両大学の研究者が、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のキャンパスで300本ほどのUSBメモリーを配り、そのうちのどのくらいが学生たちのマシンに挿入されたのか調査した結果、およそ半分がUSBメモリー内のファイルをクリックしたそうです。

じつはUSBメモリーのセキュリティ対策は結構大切なのです。

今日はUSBメモリーのセキュリティに関するニュースの紹介です。



ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

グーグル、Chromebookのセキュリティを高める「USBGuard」機能を導入

こちらのニュースです。


冒頭にも書きましたが、USBメモリー経由でセキュリティが破られることが問題となっています。

グーグルはこの攻撃から同社のPC「Chromebook(クロームブック)」の利用者を守るため、新たな機能、『USBGuard』を導入する予定です。

具体的には、Chrome OSがロック状態の場合、USBに接続されたデバイスへの給電は可能だが、外部からのコードの侵入をUSBGuardが食い止めることでChromebookを守ります。

この『USBGuard』は、正式版は今後のOSアップデートで提供される予定ですが、「chrome://flags」のページからテスト版を試すことができます。

もちろん、この機能があれば『完璧』というわけではありませんが、確率を減らすことはできますよね。

今日はここまでです。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。





よろしくお願いします↓




スポンサードリンク

How to:リカバリーメディアを作成する方法

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

昨日、ASUS Chromebook C223が修理センターへと旅立ちました。

この次に会えるのは年が明けてからでしょうね…( ;  ; )
SupportCenter


修理を依頼する前に、なんとか復活させようと『工場出荷時の状態』にリセットまでしてみました。
この時に必要になるのが『リカバリーメディア』です。

今日は、このリカバリーメディアの作成方法に関して書きます。



ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

『リカバリーメディア』とは?

『リカバリーメディア』とは、OSを再インストールする際に必要なソフトウェアが入っているUSBメモリ、またはSDカードです。

これを使ってOSを再インストールし、Chromebookを工場出荷時の状態にするには、「ESC」+「際ロードボタン」+「電源ボタン」の3つを押してChromebookを立ち上げます。



『リカバリーメディア』作成方法

必要なものは、
  1. 4GB以上のUSBメモリ、またはSDカード
  2. Chromebook リカバリ ユーティリティ
  3. リカバリーメディアを作るためのWindows PCまたはMac
  4. Chromeブラウザ
です。

USBメモリーの内容は完全に消去されますので注意してください。

Chromebookが健在であれば3と4は不要です。
が、今回のようにChromebookが動かない場合は、リカバリーメディアを作成するためのChromeブラウザとMacが必要となります。

リカバリユーティリティはこちらからインストールしてください。
recovery01

インストールしてアプリを起動すると以下のような、リカバリメディア作成という画面が出ます。
recovery02
USBメモリを用意して『開始』を押してください。


次はChromebookのモデル名を選択します。
recovery03


USBメモリを挿入して『次へ』をクリックすると、以下のような画面になるので『今すぐ作成』をクリックします。
recovery06


すると、リカバリーメディアの作成が始まります。
recovery07



リカバリーメディアの作成には10分ほどかかります。

作成が終了すると以下のような画面になりますので、『完了』をクリックして終了してください。


Chromebookは、ほぼ全てのデータがクラウド上にあります。
よって、リカバリーメディアを使ってまっさらなChromebookにしても、再起動してログインするだけで、すぐに元に戻ります。

Macではこうはいきません。

なので、いざという時のために、このリカバリーメディアを作っておくといいと思います。


今日はここまでで。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。

よろしくお願いします↓




スポンサードリンク
スポンサードリンク