Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

Chromeブラウザ

新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック!【外為ジャパン】
ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
うっかり女性の下着の広告をクリックしたら
見るページのあちこちにその広告が表示されるようになり、
ちょっと困っているふーちゃんです。

実は、これ、ユーザーがどのサイトを見て何をクリックしたのかをトラッキングして、
その結果から適切(と思われる)広告を表示する仕組みが原因です。

ということで、本日はこの仕組みに対処してプライバシーを守る
Chromeブラウザの拡張機能の紹介です。

『Privacy Badger』でトラッキングを回避する
Privacy Badger』は、Erectric Frontier Foundation(EFF)が提供している
ChromeブラウザやFirefoxで利用できる拡張機能です。

また、EFFは、
企業のプライバシーに対する取り組みなどを比較した
ホワイトペーパーなんかを出したりしているプライバシーなどに関して
活発に活動している団体です。

で、この『Privacy Badger』なる拡張機能は、
 
”あなたがどのサイトをみてどのページを見ていたか”ということを

”密かに”トラッキングすることを防止する

ものです。

実はWebページ(たとえば、www.yahoo.com)は、
"yahoo.com"意外にも、様々なサイトからコンテンツ、
たとえば、写真や広告、コメント欄などを
引き寄せてページが作られています。

『Privacy Badger』は、ユーザーの許可なしに、
こういった外部のサイトがデータをトラッキングしていることを検出して
それをブロックする物です。

Chromeウェブストアからインストールします。
PrivacyBadger


下の図はYahoo.comの状況を表した物です。
”doubleclick.net”など多くのサイトからアクセスがあることを示しています。
PrivacyBadger02

緑は、
第三者のサイトではあるが、トラッキングが検出されていない
よって、サイトへの接続やCookie/リファラの送信が許可されている

黄色は、
第三者のサイトで、トラッキングを試みているが、Webの機能として大事な物と判断できる
よって、サイトへの接続は許可するがCookie/リファラの送信は禁止されている

赤は、
トラッキングをしている第三者のサイト
よって、サイトへの接続がきんしされている

設定により、除外するドメインを指定することもできるようです。

しばらく使ってみて、近いうちにまた続報いたします。
今日はこんなところで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーユー オンラインショップ
ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
自営業なので、そもそも曜日の感覚がなく、
GWが終わったと今気がついたふーちゃんです。

Chromebookだけではありませんが、
Chromeブラウザで使うWeb版(とAndroid版)のEvernoteと
Googleドライブが連携されたというニュースを紹介します。

EvernoteとGoogleドライブが連携(β版ですが…)
こちらの記事です。


ざっくりまとめると
  • Web版EvernoteにGoogleドライブボタンが追加
  • Googleドライブ内のファイル(写真、動画、PDFなど)選んで貼り付けられる
  • クリックするとGoogleドライブで開く
となります。
以下は連携までの手順です。
 
1.まずはβ版に切り替える
現在対応しているのはChromeブラウザ版とAndroidアプリだけですので、
Chromebookの場合は、Evernote Web版を立ち上げてください。

すると右上「ベータ版を試す」と表示されますので、
以下の写真の様に「ベータ版に切り替え」をクリックしてください。
(なお、気に入らなければ後で元に戻すことができます)
ENGD01

2.アカウントをリンクさせる
新規にノート作成、または既存のノートの本文を編集するモードになると
ツールアイコンの中に「Googleドライブ」のアイコンが追加されます。
ENGD02

これをクリックすれば、
Googleドライブ内のファイルをEvernoteに貼り付けられるのですが、
最初の一回はアカウントの認証が必要になります。
ENGD03
「接続」ボタンをクリックすると
こんな画面が出てきますので、「許可」をクリックしてください。
ENGD04

これで完了です。Googleドライブとの連携をお楽しみください。

実際にリンクしてみると…
実際にリンクを試みると面白いことに気づきます。
ENGD05

Googleドライブ内のファイルの一覧表示が
よくあるフォルダ階層の表示ではなく、
種類を選択し、それに該当するGoogleドライブ内のファイル一覧が出てきます。

これがいいのかは微妙ですな。

PDFファイルを貼り付けてみました。
ENGD06

未対応のMac版ではこんな風に表示されます。
ENGD07

もちろんクリックすれば、
Webブラウザが立ち上がり、PDFファイルを閲覧することができます。

なお、以下の動画も参考にしてみてください。


Evernoteヘビーユーザーのふーちゃんなので
いろいろ使ってみて気づいた点があれば、また記事にしますね。
今日はこんなところで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ