Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

遊び

いつもありがとうございます。
本当は恵みの雨なのに、
そんな大きな視点を持つことができずに
天気が悪いと不機嫌なふーちゃんです。

我が家の娘ちゃんと息子くんが
パソコンの使い方を教えて欲しい、と言ってきたことをネタに
Chromebook(HP Chromebook 11)とMacbook(2008年もの)の
どちらがいいのか、というのを考えてみました。

今日は昨日の続きです。

子どもがパソコンを使う際に考えておきたいこと
昨日の記事でも書いた通り、
ネット上には子どもには見て欲しくないものがあるし、
パソコンの中にも子どもたちに、いじられたり、削除されたりしたら
たまらないデータもあるので、
以下の点を考慮することにしました。

  • インターネット上のアクセス、使用できるアプリなどのコントロールができること
  • 可能なら本人たち独自のアカウントで操作できること
Chromebookにペアレンタルコントロールってあるの?
いわゆるペアレンタルコントロールです。
Macには、「システム環境設定」に「ペアレンタルコントロール」の項目があり、
以下の写真の様に
アプリケーションの使用制限やWebのアクセス制限だけでなく、
メールやメッセージを送受信の相手、
勝手にパスワードを変更できないようにしたり、
果ては使用時間まで制限することができます。
MacOS01

MacOS02

さすがに至れり尽くせりです。

一方Chromebookは、そもそも使用するのに
Googleのアカウントが必要で、
Gmailなんか使い放題になるし、
だいたい、子どもにはGoogleアカウント作れないし
なんて思ってGoogleで検索してみると見つかりました。


やってみると、Googleではこういう子ども向けのユーザーを
”監視対象ユーザー”とし、とくにGoogleのアカウントを作るわけではなく、
親が自分のGoogleのアカウントから管理・コントロールするようです。

よって、”子どもだからGoogleアカウントが作れない”
という問題も解決です。

結論
確かに、Macの細かい設定のできるペアレンタルコントロールは魅力的ですが、
正直、そこまで細かく設定するのが面倒なので宝の持ち腐れになる可能性があります。

あと、個人的な打算ですが、
このHP Chromebook 11を子どもたちに取られたことを理由に、
「新しいChromebook買っていい?」
とヨメさんを説得するネタにもなるかな、というのもあり
今回はChromebookを子どもたちに与えてみることにしました。

さてどうなるやら。
Chromebookでのペアレンタルコントロールの設定などの後日談は
のちのちアップしていきたいと思います。

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ではでは。

スポンサードリンク


いつもありがとうございます。
最近なにかと物入りなふーちゃんです。

車検でしょ、自動車保険でしょ、もうすぐ住民税もくるだろうし…

という事とは関係ありませんが、
我が家の娘ちゃんと息子くんが
パソコンの使い方を教えて欲しい、と言ってきたので
それをネタにChromebookについて考えてみたいと思います。

子どもがパソコンを使う際に考えておきたいこと
ということで、我が家には10歳の娘ちゃんと15歳の息子くんがいます。

この二人が仲良く、パソコンを使いたいので貸して欲しい、使い方を教えて欲しい
と言ってきました。

どうやら最近買ったこんな本を
パパに内緒で、いつの間にか読んでいたらしい。


娘ちゃん「動物動かして遊びたい」
息子くん「いや、乗り物が先だよー!」

と勝手に言い争いまで始めてます…

実は、自閉症という障害のある息子くんにとって、
パソコンの使用が彼の可能性を広げてくれるかも、ということもあるので、
父親としてとても嬉しかったのですが、
無条件に「あいよ」とパソコンを与えるわけにはいけません。

というのも、二人はiPadでYouTubeで好きな動画を検索して見ることができるのですが、
鉄道好きの息子くんが、鉄道の動画、特に関連動画を次々と見ている時に
ひょんなことから
鉄道 → 鉄道事故 → 自動車事故 → 事故現場の動画
と入り込もうとしていました。

幸い、YouTubeが動画視聴の確認のダイアログが出ていて、
それに気づかなかった息子くんは動画視聴を断念してました。

ということなので、ある程度のコントロールが必要です。

ちょっと考えてみましたが、
  • インターネット上の変なコンテンツを見ることのないようにすること
  • 自分の大事なファイルをいじられてはこまるので、可能なら本人たち独自のアカウントで操作できること

我が家にはChromebookとMacbook(2008年もの)があります。

どちらの方が、この条件によく合致しているのか考えてみました。

が、この比較書いているとさらに長くなりそうなので
続き(というか、一番肝心な所ですな…)は明日のお楽しみということで。

もし、お子様がおられる方で、
子どもにパソコンを与えるために必要な条件について、
ご意見ありましたらコメントいただけると嬉しいです。

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ではでは。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ