Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

Chrome OS

ニュース:Chromebookのセキュリティを高める「USBGuard」機能を導入

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

Googleおよびイリノイ・ミシガン両大学の研究者が、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のキャンパスで300本ほどのUSBメモリーを配り、そのうちのどのくらいが学生たちのマシンに挿入されたのか調査した結果、およそ半分がUSBメモリー内のファイルをクリックしたそうです。

じつはUSBメモリーのセキュリティ対策は結構大切なのです。

今日はUSBメモリーのセキュリティに関するニュースの紹介です。



ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

グーグル、Chromebookのセキュリティを高める「USBGuard」機能を導入

こちらのニュースです。


冒頭にも書きましたが、USBメモリー経由でセキュリティが破られることが問題となっています。

グーグルはこの攻撃から同社のPC「Chromebook(クロームブック)」の利用者を守るため、新たな機能、『USBGuard』を導入する予定です。

具体的には、Chrome OSがロック状態の場合、USBに接続されたデバイスへの給電は可能だが、外部からのコードの侵入をUSBGuardが食い止めることでChromebookを守ります。

この『USBGuard』は、正式版は今後のOSアップデートで提供される予定ですが、「chrome://flags」のページからテスト版を試すことができます。

もちろん、この機能があれば『完璧』というわけではありませんが、確率を減らすことはできますよね。

今日はここまでです。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。





よろしくお願いします↓




スポンサードリンク

ニュース:MicrosoftがChrome OS対抗のOSを?

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

ちょっと古いですが、気になるニュースをシェアします。



ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

Chrome OS対抗の「Windows Lite」が登場…?

こちらのニュースです。



教育機関で使われるOSとして、Windowsは世界市場では6割以上のシェアがあります。
しかし、市場を米国だけに絞ると、Windowsのシェアは2割ほど。
その一方で、Chorome OSが6割を占めています。

そして、世界市場でもChrome OSのシェアは徐々に増加しているらしく、Microsoftが危機感を持っていても不思議ではないですよね。


そんな中、
「Chrome OSに似たWindowsを開発しているらしい」
と思われる痕跡がWindowsの最新ビルドのソースコードにあったことがこのニュースをはじめとする噂の出どころのようです。

記事によると、

  • 常のWindowsの機能限定版
  • プログレッシブウェブアプリ(PWA、Webページで動くアプリ)や、ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP、異なるデバイスで起動するアプリのためのプラットフォーム)で実装されたアプリしか動作しない
  • サーバー向けなどではなく完全に一般向けの製品
  • OSのみを個別に購入することは不可
ごちゃごちゃありますが、Webページで動くアプリなど、かなり限定されたアプリしか動かない、というのがChrome OSっぽいてことかと思います。



iPadが売れまくった時に、『WIndows RT』というSurface用(だったかな?)のOSなんてのを出したような気がしますが、あれはうまくいったのかな?


”失敗にもめげずになんども挑んで最後は全てを手にする”Microsoftらしいとこが不気味ですね。


今日はここまでで。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではでは。





よろしくお願いします↓




スポンサードリンク
スポンサードリンク