新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック!【外為ジャパン】
ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
うっかり女性の下着の広告をクリックしたら
見るページのあちこちにその広告が表示されるようになり、
ちょっと困っているふーちゃんです。

実は、これ、ユーザーがどのサイトを見て何をクリックしたのかをトラッキングして、
その結果から適切(と思われる)広告を表示する仕組みが原因です。

ということで、本日はこの仕組みに対処してプライバシーを守る
Chromeブラウザの拡張機能の紹介です。

『Privacy Badger』でトラッキングを回避する
Privacy Badger』は、Erectric Frontier Foundation(EFF)が提供している
ChromeブラウザやFirefoxで利用できる拡張機能です。

また、EFFは、
企業のプライバシーに対する取り組みなどを比較した
ホワイトペーパーなんかを出したりしているプライバシーなどに関して
活発に活動している団体です。

で、この『Privacy Badger』なる拡張機能は、
 
”あなたがどのサイトをみてどのページを見ていたか”ということを

”密かに”トラッキングすることを防止する

ものです。

実はWebページ(たとえば、www.yahoo.com)は、
"yahoo.com"意外にも、様々なサイトからコンテンツ、
たとえば、写真や広告、コメント欄などを
引き寄せてページが作られています。

『Privacy Badger』は、ユーザーの許可なしに、
こういった外部のサイトがデータをトラッキングしていることを検出して
それをブロックする物です。

Chromeウェブストアからインストールします。
PrivacyBadger


下の図はYahoo.comの状況を表した物です。
”doubleclick.net”など多くのサイトからアクセスがあることを示しています。
PrivacyBadger02

緑は、
第三者のサイトではあるが、トラッキングが検出されていない
よって、サイトへの接続やCookie/リファラの送信が許可されている

黄色は、
第三者のサイトで、トラッキングを試みているが、Webの機能として大事な物と判断できる
よって、サイトへの接続は許可するがCookie/リファラの送信は禁止されている

赤は、
トラッキングをしている第三者のサイト
よって、サイトへの接続がきんしされている

設定により、除外するドメインを指定することもできるようです。

しばらく使ってみて、近いうちにまた続報いたします。
今日はこんなところで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク