Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

Chromebook日本で使えるの?

スポンサードリンク

いつもありがとうございます。
松本は、朝は寒いくらいなのに、夜は激暑なのでヘロヘロふーちゃんです。

前回は、日本未発売のChromebook を
どう手に入れればいいか書きました。
今回は、手に入れたはいいが、
日本でちゃんと使えるの?
ということについて書きます。

まず、”ハードウェア”的な面で。
ACアダプターは100-120V対応なので
技術的には日本で使用できます。
JISなどの日本の安全規格はもちろんとれていませんので、
厳密にはきわどいですが、
アメリカの安全規格ULを取っているので
安全上の問題はないと思われます。
ただ、自分が買ったHPのChromebookのACアダプターは
3.0Aとかなりハイパワーなので、
結構熱くなりますので気をつけてください。 

また、アメリカでは3G/4G回線対応した機種もあって、
WiFiが使えなくてもオンラインで使える機種もあるようですが、
日本では当然”WiFiのみ”の対応になります。

次にソフトウェア面です。
ChromebookのOSは
その名も”Chrome OS”。
これは、しっかり日本語対応しています。

最初に電源をいれて、セットアップするときに
言語の選択をするのですが、
その中に”日本語”があります。
するとこんな感じで
IMG_2054
日本語のダイアログが出てきます。
(見づらくてごめんなさい…)

日本語/英語の入力切り替えもCTRL+スペース・キーででき、
日本語入力も全く問題ありません。

次に、普段使うアプリケーションですが、
以前書いた様に、アプリケーションは全て原則Webアプリです。
よって、OSとは関係なく、
アプリ側が日本語対応してあれば、メニュー、ダイアログも日本語が出ます。

Google Docなんかは
”ファイル”とか”編集”メニューが
日本語で表示されます。

これまで使ってきて、日本語対応で困ったことはないですね。
日本未発売・未対応って意識させられたことはありません。
(ACアダプターのリコール対応を除いて…)

「なぁんだ、大丈夫じゃん」
と思っていただけました?

次回は、Chromebookの特徴について、
実機で確認した結果も合わせて書いてみたいと思います。

ではでは。 

Chromebook、どこで買うの?

スポンサードリンク

いつもありがとうございます。
ちょっと悲しい事件にショックを受けているふーちゃんです。

今日は「Chromebookってどうやって手に入れるの?」
について書きます。

ChromebookはGoogleのCromeOSを搭載したノートブックパソコンです。
Googleの端末なので、
通常は ”Google Play”のページから購入できるはずですが
先に書いたとおり日本未発売ですのでここからは購入できません。
2014-08-20_1452


でも、「どうしても欲しいぃぃ」という人のために、
米国の正規品を輸入して売ってくれている人がいます。
例えばAmazon.co.jpでは、
chromebookHP11
http://amzn.to/1uLb98F
なのがあります。
今、amazon.comでみると$245(1$=¥110なら¥26,950)ですので、
若干おねだん高めかな?という感じです。

自分の場合、
そんなわけで、amazon.comから直接買いました。
ただ、日本へのShipping feeなどで¥3,000くらい余計にかかりましたので、
上記に比べてそれほどお得というわけではありませんでしたね、正直な所。

おまけに、
このChromebook、ACアダプターにリコールがあったりして、
amazon.comとのやりとり(もちろん英語で)とかあって面倒でした。

上記の業者が、その辺まで責任をもってくれるかわかりませんが、
やっぱり国内から買ったほうがリスクが低く、
その分ちょっとお高めになるということでしょうか。

多分、他にもいっぱい買える所あるはずなので
ネットで探してみてください。

次回は、
「こんな日本未発売のパソコン買って、日本語とか使えんの?」
みたいな疑問に答えてみたいと思います。

ではでは。

スポンサードリンク