Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

ニュース:Chromebookでもナイトモード?

スポンサードリンク

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

先週久しぶりに新宿に高速バスで行ってきました。
ヨドバシカメラで、
実際にWindow版のYogabookを触ってみました。

「全面タッチのキーボードってどんな感じなんだろう?」
と思っていましたので。

なんと、キーを押すたびに「ブルッ」っと
指に感触が伝わってくるのです。
キーを押した感覚を伝える面白い工夫でした。

さて、今日はChrome OSに今後加えられるかもしれない機能についてのニュースです。

Chromebookでも『ナイトモード』を検討中
こちらのニュースです。


Chromebookでもブルーライトを抑えた
『ナイトモード』機能を検討中とのことです。

『ナイトモード』とは、
iPhoneなどスマホの画面表示に関して、
青色光を抑えて”黄色っぽい”画面になるモードのこと。

Macでも最近『Night Shift』としてその機能が実装されています。

Chrome OSでは、デベロッパー版に実装されているようで、
ユーザーが使う”通常版”に実装されるかは現時点では未定とのことです。

そもそもなぜ青色光(ブルーライト)を抑えるのかというと、
ブルーライトが脳を刺激することを抑えるためです。

ブルーライトが脳を刺激すると、
眠気を感じるホルモンである”メラトニン”の生成を抑えてしまう。
そのため、夜、スマホの画面をみていると
なかなか眠れなくなってしまう、と思われているためです。

ま、この論理や、
スマホの画面を黄色くすることは
疑わしいところもあるようですが、
この傾向は”流行り”のようですね。

Chrome OSでも検討しているようです。

今日はこんなところで。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。

よろしくお願いします↓




スポンサードリンク

Lenovoからタッチ対応のChromebook『Flex 11』発表

スポンサードリンク

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

Lenovoの話題のノートパソコン『Yoga Book』の
Chrome OS版がキャンセルされたかも、
という記事をちょっと前に書きました。


このLenovoから、
タッチ対応のディスプレーを搭載した
Chromebookの新製品の発表です。

Lenovo、2in1タイプのChromebook「Flex 11」を発表
Flex11
(写真はLenovoのサイトから)

こちらの『ガジェット通信』の記事です。


特徴は、上の写真のように、
ディスプレーが360度、ぐるっと回転する
2in1タイプ、タッチ対応であることです。

それ以外の主なスペックは、
  • CPUはARM系のクアッドコア(詳細は不明)
  • メインメモリは4GB
  • 32GB の内蔵ストレージ
  • 入出力は、USB Type-C、USB-A、オーディオ、HDMI、SD カードスロット
  • バッテリー駆動時間は10 時間
と、ま、あんまり特徴がないのが特徴でしょうか。

価格は、記事によると$279ですので、
日本円だと、1$=105円ですと、
ギリギリ3万円をきるところです。

まだ情報が少ないみたいですが、
Lenovo自身のサイトはこちらになります。

今日はこんなところで。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。

よろしくお願いします↓




スポンサードリンク
livedoor プロフィール
記事検索
スポンサードリンク
スポンサードリンク