Chromebookのある生活

Chromebook(クロームブック)を使っています。 使用者だから発信できる情報、例えば、トラブルシューティング、iPhoneとのテザリングなどの使い方、その時の通信量、アプリの使い方、レビュー、海外からのニュースなどを日々書いています。 特に日本では非常に情報が少ないので、英語のニュースの紹介に力を入れる最近です。

ニュース:『Family Link』がChromebookへ対応

スポンサードリンク

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

今日は、
お子さん向けのGoogleアカウントを管理する
『Family Link』がChromebookに対応となったニュースです。

ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

『Family Link』がChromebookへ対応

子どものChromebookを使用を監視する方法として、

『監視対象ユーザー』というのがあります。


が、この『監視対象ユーザー』は

今後サポートから外れるようです。


その代わりかもしれませんが、

Androidのスマホで

子どものアカウントを管理・監視アプリである

『Family Link』がChromebookでも使えるようになるそうです。


Breaking News: Google Rolls Out Family Link To Chromebooks


こちらの記事によると、

Chromebookでの『Family Link』対応はまだ米国だけのようです。


なお、『Family Link』については、

Androdスマホに関するこのGoogleの説明を参照ください。


Google ファミリーリンク


また、英語ですが、こちらの情報によると、

Chromebooks & your child’s Google Account

『Family Link』をChromebookで使用することで、

お子さんのアカウントから

  • 『Google Playストア』や『Chromeウェブストア』へのアクセスを制限できる
  • ブラウザの『シークレットモード』が使用できない
  • アクアスできるWebサイトなどを管理することができる

などが可能とのこと。


これで、13歳未満のお子さんでも

制限付きですが、Googleアカウントを作ることができるようです。



今日はここまでで。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。

よろしくお願いします↓




スポンサードリンク

Chrome OSのFileアプリがちょっと便利になるかも

スポンサードリンク

ーーー ここから本文 ーーー
いつもありがとうございます。
ふーちゃんです。

大きなものではありませんが、
Chrome OSのファイルマネージャーである
『Fileアプリ』に
改良の噂です。

ーーー スポンサードリンク ーーー



ーーー   本文つづき   ーーー

「File」アプリからダイレクトにGoogle DriveのWebに

単なるChromeブラウザが動くだけの
ノートブックから始まり、
今や、タッチスクリーン対応のディスプレーや
Androidアプリへ対応など
多くの進化をしてきたChrome OS。

最近は、Chrome OSのタブレット
キーボードが脱着可能で、
タブレットにもノートパソコンにもなる
機種が出てきました。

でも、まだまだ改良が必要な
基本的な部分が残っているのが現状です。


その一つがファイルを取り扱う、
『Fileアプリ』です。

Fileアプリは、
Google Driveへシームレスに
アクセスできるのはいいのですが、
以下の写真のように、
できることは非常に限られています。
Menu01


しかし、Google Driveは
クラウド上のストレージであるため
ブラウザでアクセスすると
以下の写真のように『共有』など
他にできることがあります。
Menu02

せっかくファイルを扱う
単独アプリがあるのに、
共有などの機能を使うには、
わざわざブラウザを立ち上げ、
Google DriveのURLにアクセスしなければなりません。




こちらの記事によると、
Fileアプリで右クリックし、
コンテキストメニューから
ダイレクトにWebブラウザの
Google Driveにアクセスできるように
Fileアプリが改良される予定とのこと。


「ま、だから何?」
って話ですが、
こういう細かいけど、
あると便利な改良が
コツコツなされていくのが、
オープソース開発の利点なのかな
と思い紹介することとなりました。


いかがでしたでしょうか?

今日はここまでで。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ではでは。

よろしくお願いします↓




スポンサードリンク
スポンサードリンク